カルト教団「紀元会」が起こした紀元会信者集団暴行死事件

紀元会信者集団暴行死事件

[PR From XREA]


■ 事件の概要


● 2007年11月05日


午前中のニュースで続報。
・紀元会集団暴行事件・女21人きょう処分へ (SBC信越放送)
窪田が全面降伏をしたか?と思っていたのですが…


夜のニュースで詳細が出ました。


・口にモデルガン、チョークで化粧 長野・紀元会事件 (iZa イザ 産経新聞) - 2007.11.05
・信者ら15人起訴=少女4人は家裁送致-紀元会集団暴行死・長野地検 (時事ドットコム 時事通信社) - 2007.11.05
・女性信者15人起訴、少女4人家裁送致 「紀元会」事件 (asahi.com 朝日新聞) - 2007.11.05
・紀元会事件で女15人を起訴、少女4人を家裁送致 (SBC信越放送) - 2007.11.05


これ、各記事を読んでもらったら分かるのですが、要は窪田康子以外は結構事実関係を素直に語ってるのに、窪田康子だけは頑に暴行指示をした事を認めていないという事じゃないですかね?
ブログ にも書きましたが、誰かが指示していないとなると、自然発生的な集団暴行を行う教団である「我々はカルト集団でした!」と言っているのと同じ意味になります。 そうなると紀元会自体も余計窮地に立たされる事になるのですが、その辺を把握した上の、単なる保身で関与と指示を拒否しているのか、それとも何も考えていないのか?は不明です。

あと、具体的な暴行手口がいくつか報道されていますが、結構エグイですね…。正直引きました。
火薬で大きな音が鳴るおもちゃの鉄砲(陸上のスタート時等で使われているもの)を、元子さんの口や耳(耳ですよ?)の中に入れて、実際に発砲してるんですよ…。鼓膜破れます、普通に。
あと、少女達にも暴行参加を窪田が煽ったと、他の信者が証言しているみたいですし。


中日新聞さん も書いておられますが、今後の最重要ポイントは、いつ窪田康子がゲロるか?って事だと思います。
( 窪田被告の指示に焦点 紀元会集団暴行 - 中日新聞 )
紀元会側は絶対に解散命令を回避したいでしょうから、「組織的な関与はなかった」と主張し続け、窪田康子の独断指示で行われた集団暴行という事にしたいはずです。

しかし、その当人である窪田康子は、依然暴行指示を否認し続けています。


ですから、窪田康子 VS 紀元会 という図式になる事も十分考えられます。


まあ、いくら窪田康子の独断指示だと言う事が立証されても、窪田康子がいた教団である事は変わらないし、
窪田康子が実質支配していた教団である事も変わらないし、
目の前で異常な集団暴行が行われているのに、誰も窪田一人さえ止める事が出来ない空気を作り出してた教団という事実も変わらないし、
一斉検挙が行われるまで、誰もどこへも事実を言えないような事をしていた奴らがいた教団ですし、
薬事法違反ギリギリのやり方で、紀元水を売っている事実も変わらないし、
あれだけ切羽詰まった家計の寿司屋があるのに、似つかわしくない城みたいな家に住んでる総裁がいる事実も変わらない。


解散命令が出てホントに困るのは、地位だけでずっと信者から搾り取って利を得ている人達だけでしょう。 心酔している信者さんも気づくはずです。別に紀元会や大和神社じゃなくても、普通の神社仏閣で十分心が満たされるってことを。



トップページ(メニュー・ページ一覧)
紀元会 パソコンサイトはコチラ

(C)2017
カルト教団「紀元会」が起こした紀元会信者集団暴行死事件
紀元会信者集団暴行死事件
All rights reserved.
AX